AGAと保険

悩まず治療

AGAと保険について

Written By: admin - 6月• 10•13

AGAの治療をする場合は、保険適用にはならないのでこの点をよく考慮して医療機関を受診する必要があります。このAGA治療は医療機関の側で価格を自由に設定することができますが、この治療費は治療のやり方や医療機関によって大きく違ってくることになります。どの医療機関を受診しても保険の適用はないのでしっかりとした医療機関で自分自身が納得をした上でこの治療を受ける必要があります。保険診療と比べると高額になりがちになることが特徴になりますが、カウンセリングや初回に診療が無料になっている医療機関もあり、よく比較して探すことが必要になります。またAGAの多くは男性ホルモンの働きに関係して起こるようになります。この頭髪治療に興味がある場合には、先ずは無料で受けることができるカウンセリングを受けてみることが必要になります。この無料カウンセリングでは相談やアドバイス等があったり治療費用の説明や治療方法の説明等が行われます。この初回診療では問診や触診、視診等を行います。またその後の定期的な診療では一人ひとりの状態に合わせた処方が行われます。医療機関でのこの治療の一般的な一ヶ月にかかる治療費は約2万円から3万円程度になります。治療にかかる費用で医療機関を選ぶこともできますが、自分が信頼をすることができる医療機関を第一に考えて選ぶことが大事になります。この治療費用では費用の大部分を医薬品の費用が占めていることが特色です。

保険適用外のAGA治療とは

Written By: admin - 6月• 07•13

成人男性の悩みの種の一つに、薄毛や抜け毛が挙げられます。一般的に、遺伝やストレスが原因と言われています。この薄毛や抜け毛などで髪が薄くなった状態を、AGAと呼びます。最近、コマーシャルなどでAGAの認知度が高まっているので、ご存知の方も多いでしょう。以前ならば、薄毛や抜け毛は進行していくばかりで、治らないとされていました。しかし、現在は医療機関で治療を受ければ、状態を改善させることができるようになってきました。治療は、一般の病院と専門の病院の2通りの方法があります。まず、一般の病院の場合、主な治療内容は治療薬の処方のみとなります。検査や具体的な症状の判断に関しては、専門外になるため行わない場合が多いです。しかし、費用は安く抑えられ、1万5千円前後が相場になっています。一方、専門の病院では、まず検査を行います。そして、医師による診断が行われ、治療薬を処方されます。その後、約一ヶ月後に治療薬によって頭髪の状態に変化があったかを調べます。その結果によって、医師によるアドバイスや必要な治療薬の処方が行われます。このように、一般の病院とは違って、個人に合わせた治療や診断を受けることができます。ゆえに、状態改善にもより効果的と言えます。しかし、その分費用が高く、3万円前後が相場になります。ここで、注意しなければならないのが、保険が適用されないということです。つまり、治療費は全額負担となるため、どちらの病院で治療するかは個人次第となります。

AGAと保険適用について

Written By: admin - 6月• 04•13

まず、AGAとは男性型脱毛症のことで、主に男性に見られる脱毛の状態です。典型的な経過では、脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により、特徴的な「M字」パターンにまっています。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛が目立つようにもなります。発症は遺伝的、環境的な週週の要素が関わってくることが分かっており、多くの研究者がリスク要素を研究しているが、その多くは未だに不明です。AGAは病気であると認定されているのですが、その治療に関しては保険の適用外とされています。なぜならば、その診断結果ではAGAは生命活動に支障を来たすような疾患ではないためです。治療自体が全額自己負担となり、治療薬の処方は一カ月分で7000円から10000円程度が相場となっています。毎月の治療費は高額になりますが、カウンセリングや初診が無料の医療機関も中には出てきています。治療薬も医療機関によって異なるため、何件か比較した後に病院を決定する事が望ましいです。治療には費用がかかるため、食事と生活習慣の改善からリスク管理をする方法で発症を遅らせる事も現在は注目されています。戦後より脱毛症が増加したため、食生活と生活習慣の変化との因果関係の研究が進んだためです。まだ仮説の状態ではありますが、脂肪摂取量や摂取カロリーの増加と、有酸素運動の減少等が関与しているとされています。自然な男性ホルモンの分泌を目指す、基本に戻った改善により多額の治療費をおさえることが出来るのであれば理想的ではないでしょうか。